紅ズワイガニ

密漁規制により道内に出回るロシア産タラバガニやズワイガニが激減した影響で、
国産毛ガニも品薄となって販売価格が高騰、安定している紅ズワイガニのニーズが高まっています。







赤い宝石 紅ズワイガニ


赤い宝石と呼ばれるほど、紅ズワイガニの色は鮮やかです。

特に獲れたての紅ズワイガニは、透き通った紅の色が神秘的です。本ズワイガニは、ゆでる前は茶色で、ゆでると赤くなりますが、紅ズワイガニは、ゆでる前が赤く、ゆでると朱色に変わります。



絶品のカニミソ

紅ズワイガニは、毛蟹やズワイガニと同じカニ科なので、足が4本×2と爪があり、カニミソも食べれるカニです。(タラバガニは、ヤドカリ科)

新鮮な紅ズワイガニのカニミソを食べたら、その美味しさに驚くことでしょう。


紅ズワイガニの料理

紅ズワイガニは、オーソドックスなゆでて食べることは、もちろん、天ぷらや焼ズワイガニ、バター焼き、しゃぶしゃぶなど様々な料理を楽しめます。

また、カニのパスタやカニチャーハンにも相性がいいいです。







紅ズワイガニ漁の風景



カニかごが海底から引き揚げられ、カゴの中の紅ズワイガニが、作業台の上に置かれます。

作業台では、主にサイズ、重さで選別します。小さなカニ、身の詰まりの少ないカニは、リリースします。






カニ漁の仕組み








株式会社北前水産
〒043-0033
北海道檜山郡江差町字豊川町168-10
TEL 0139-56-1108
FAX 0139-52-3669